まさか、自分がウツになるなんて!

43歳男性、会社員(SE)が、仮面うつと診断されるまでの経緯、治療方法、健康回復にむけてやっていることなどを紹介いたします。 自分はウツとは関係ないと思っている方に、是非読んでいただきたいです。

転勤後の仕事にワクワクしています(*^_^*)

先日、引越し先の物件を内覧したついでに、転勤後の詳しい仕事内容について関係者と話をしてきました。

ひと言でいって、

面白そうな内容で、ワクワクしています♬

そこで、自分のノートがわりに携わる内容、転勤前に勉強しておくべき用語をブックマークがあわりにメモっておきます。

 

 

衛星から得られた情報をもとに、自車位置を測位してみよう

従来からあるGPS(GNSS衛星)にくわえて、準天頂衛星システム(QZSS)からのCLASといわれる情報をもとに、高い精度で自分のいる位置をあきらかにしてみようというシステム開発に携わります。

f:id:kamenutsu:20180618204612j:plain

三菱電機 ニュースリリース 世界初、準天頂衛星からのCLAS信号を用いた自動運転の実証実験を開始

 

具体的には、高精度測位端末(高精度ロケータ)といわれるものの、HDL通信モジュール(下記、赤丸部分)にかかわる予定です。

f:id:kamenutsu:20180617122013j:plain

(画像の元ネタ)三菱電機㈱の高精度ロケータ資料より

 

やりたかった自動運転につながるお仕事

f:id:kamenutsu:20180617121310j:plain

男はいくつになってもロマンを追い求めてしまいます。

前職時、年齢を重ねていたのもあり、技術職を離れて管理側の仕事に携わっていましたが、「モノづくりに携わりたい」という願望をもっていました。

自分自身が交通事故にあった経験もあり、できるならば、尊い人命を守る仕事、自動運転に関する開発をおこないたいと思っていたのです。

 

ADAS(先進運転支援システム)の開発により、自動運転の実験はすすんでいます。

youtu.be

が、まだまだ課題も多く残されています。

 

これから携わる業務は、直接、自動車を動かす制御ではありませんが、高い精度で自分の自動車がいる場所を特定することで、ナビの向上、地図の自動生成をはじめとした、安全な自動運転の実現に向けた貢献ができるんじゃないかとワクワクしています(*^_^*)

 

通信系はあまり知見がなく、勉強すべき用語のあれこれ

ワクワクしている状況とは裏腹に、GPS等の衛星通信系はほとんど経験がありません!ですので、これから勉強して覚えていくことばかりです(;^ω^)💦

 

勉強すべき、理解すべき(あ、べき思考がでちゃってますね)とおもわれる用語、関連しそうなものをメモしておきます。

GPS(グローバル・ポジショニング・システム)

GPS測位について

③準天頂衛星(みちびき)

f:id:kamenutsu:20180617124731j:plain

準天頂衛星 - Wikipedia

高精度ロケーター

⑤CLAS(センチメータ級測位補強サービス)

f:id:kamenutsu:20180617125237j:plain

準天頂衛星システムサービスセンチメータ級測位補強サービス編

GNSS(全地球航法衛星システム)

GPSの誤差(アンビギュイティ)について

ADAS(先進運転支援システム)

⑨V2X

smartdrivemagazine.jp

⑩地図自動生成システム 

www.youtube.com

 

仕事を楽しもう

わからない単語を調べると、さらに知らない単語がでてくるという感じで、調べれば調べるほど楽しいという、ありがたく嬉しい時間を過ごしています。

このワクワク、楽しく、嬉しい時間が、「べき思考」にならないように、柔軟さを忘れないように、気を付けていこうと心がけています。

 

上司からは、これらの技術的なものとは別に、他社の動向、組織としての売り上げ、利益率、今後の拡大についてのミッションもあわせて与えられていますが、そこはおいおいやっていきます。

 

おわり

今日もありがとうございました。

それでは、また。

でつノ